日本地形学連合/Japanese Geomorphological Union

日本地形学連合トップ > Announcements > JGU大会

トルコにおける合同大会について(第2報)速報版

主催

  • 主催: 日本地形学連合,アンカラ大学,日本学術会議地形研究小委員会

期日

  • 2010年9月12日から17日まで
    • 2010年 9月12日(日)若手地形学者シンポジウム(会場,アンカラ大学.なお,シンポジウムタイトルは業績リストに表記しやすいように,次報までに決定します.学部生,大学院生,ポスドククラスの口頭講演を優先する予定です.)
    • 9月13日(月)メインシンポジウム(会場,アンカラ大学) 「アルプス・ヒマラヤ帯における地形プロセスとその発達に関する国際シンポジウム」 (招待基調講演,口頭講演,ポスター講演) レセプション(夕食時)
    • 9月14日(火)一日日帰り巡検(アンカラ市内(アタチュルク廟,アナトリア文明博物館),ボアズカレ(ハットウシャ,ヒッタイト帝国の王都)
    • 9月15日(水)〜17日(金) 2泊3日巡検(カッパドキア,クズルウルマック川(赤い河),ハッサンダー(火山),トウズ湖(塩の湖))

参加費

  • 若手研究者シンポジウム:無料
  • メインシンポジウム:一般40ドル,学生院生,無給またはパート研究員など20ドル
  • 1日巡検(日帰り):一般40ドル,学生院生,無給またはパート研究員など20ドル
  • 3日巡検(2泊3日):一般 シングルルーム利用320ドル,一般 ツインルーム利用 240ドル, 学生院生,無給またはパート研究員など ツインルーム利用160ドル  (9月15日16日の2泊分の宿舎代込)

宿舎

アンカラにおける宿泊は下記のように手配します.

  • アンカラ市内のホテル(アンカラ大学近く):シングルルーム90ドル,ツインルーム50ドル (共に朝食付き)
  • 大学宿舎:シングルルーム35ドル,ツインルーム25ドル(共に朝食抜き)(できるだけ希望者はすべて大学宿舎に宿泊できるように努めますが,難しい場合は学生院生,若手研究者を優先します.)

メインシンポジウム(会場,アンカラ大学)

  • タイトル「アルプス・ヒマラヤ帯における地形プロセスとその発達に関する国際シンポジウム」
  • 招待基調講演,口頭講演,ポスター講演を行います.招待基調講演には,トルコおよび周辺諸国で地形研究を行っている日本トルコの研究者を招聘する予定です.一般研究発表(口頭およびポスター)については,公募となります.シンポジウムのタイトルはトルコ側の希望そったものですが,実際には幅広い分野からの講演が可能ですので,積極的に申し込みをお願いします.口頭発表は各15分程度を予定しています.

シンポジウム会場

  • アンカラ大学言語歴史地理学部(アンカラ市スヒエ).アンカラ市街地の中心に位置しています.アンカラ空港からのリムジンバスの発着場所にも近く,大学周辺には,ホテル・レストランが多くあります.

若手地形学者シンポジウム(会場,アンカラ大学)

学部生,大学院生,ポスドククラスの地形学者が自由に研究発表を行い,交流をまじえることができるように企画しました.日本,トルコのほか,韓国,台湾,モンゴル,中国などから,参加者を招聘する予定です.どなたでも参加は自由ですが,講演(口頭発表)は学部生,大学院生,ポスドククラスの地形学者を優先します.シンポジウムのほか,交流親睦会などを予定しております.なお,シンポジウムタイトルは業績リストに表記しやすいように,次報までに決定する予定です.また,講演要旨のみではなく,適当な学術雑誌に英文でプロシーディングを発行し,業績に加えられるように配慮します.もちろん,若手シンポジウムとメインシンポジウム両方での講演をお勧めします.

若手研究者旅費補助

日本からの参加者で,学部生,大学院生および,旅費の自弁が必要な若手研究者のうち,この若手地形学者シンポジウムで口頭講演をし,その後のメインシンポジウムと巡検に参加する方について,渡航費の援助を行います.具体的な金額方法などについては,九州大学鹿島まで早めにお尋ねください.

巡検

  • 日帰り巡検
    • 9月14日:朝 アンカラ市内見学(アタチュルク廟,アナトリア文明博物館),その後ボアズカレまで移動して,ハットウシャ(ヒッタイト帝国王都)見学.午後7時ごろアンカラ帰着予定. ヒッタイト帝国は,紀元前1700-1200年ごろアナトリア高原を中心に栄えた帝国です.初めて鉄器を用いたこと,遠く遠征し,エジプトのラムセス2世と大会戦を行ったことなどで有名です.突然滅亡したことから,謎の帝国とも言われ,多くの小説や漫画の題材となっています.
  • 2泊3日巡検
    • 9月15日 アンカラ出発,巨大シンクホール(ムジュール), 河岸段丘(クズルウルマック川(赤い河),アバノス(陶土),ネブシェヒル(宿泊)
    • 9月16日 カッパドキア(奇岩,洞窟教会など),火山性堆積物,火山地形,ネブシェヒル(宿泊)
    • 9月17日 クレーター湖と年縞堆積物,自噴温泉(アジ湖,ナール湖),ハッサンダー(成層火山)と火口丘列,活断層(アクサライ),トウズ湖(塩湖),アンカラ到着(午後6時ごろを予定)
    • この巡検では,アンカラから南東に位置するカッパドキアを中心にして,その周辺の地形を見ます.火山および火山性堆積物の形作る地形のほか,石灰岩地形,河岸段丘地形,活断層地形,地下水,湧水などに関する巡検となります. 帰着時間は交通事情で遅れる可能性があります.当日夜アンカラを出発される場合には,事前にご連絡ください.なお,航空機などの都合で一日早く戻られる場合などは,ネブシェヒルからアンカラまで直接,バスによる帰着が可能です.

アンカラまでの交通

アンカラ空港には,トルコ航空とオーストリア航空が乗り入れています.その他の便では,イスタンブールまでとなります.イスタンブールとアンカラ間は,トルコ航空が毎日25便程度運航しています.トルコ国内の国内線のチケットは,日本からもトルコ航空のホームページから簡単に予約購入できるようになりました(http://www.thy.com/ja-JP/) また,イスタンブール・アンカラ間には,夜行列車および多数のバス便があります.一般にトルコ国内では夜行バスによる移動が安価で快適です. なお,日本トルコ間の航空券はできるだけ早めにご予約願います.またトルコ国内の交通,イスタンブールやその他の都市の宿泊情報などについても,九州大学鹿島までお尋ねください.

アンカラ市内の交通

アンカラ空港からは空港リムジンバスが利用できます.リムジンバスのバスターミナルは,会場のアンカラ大学言語歴史地理学部(アンカラ市スヒエ)の近くに位置します.タクシーまたはリムジンバス会社のサービスバスによって移動できます.ある程度の方がまとまって到着される場合,早朝深夜など,特に必要と思われる場合には,出迎えの手配をいたします.  イスタンブールからバス,電車でアンカラに到着された場合は,ターミナルから地下鉄またはタクシーでの移動となります.到着時間と方法についての情報は,必ず事前にご連絡ください.帰途についても同じです.安全な移動のための手配をいたします.アンカラ大学は地下鉄スヒエ駅の目の前に位置しています.

現地の気候と風俗

日中と夜間の寒暖差が大きく,昼間はTシャツで充分ですが,夜間にはジャケット・セーターなどの防寒着が必要になります.9月中ごろは乾季終盤にあたるため,たまに雨が降ることがあります.防寒対策の手配にはご注意ください. なお,トルコはイスラム国ですが,飲酒は認められ,普通のトルコ国民も飲酒します.ビールのほか,トルコ産のワイン,ラク(水を加えると白濁するウォッカ)が有名です.トルコ料理は世界の3大料理に数えられており,食事を楽しむことができます.

今後のスケジュール

  • 2010年2月:第2報(正式版)送付
  • 2010年5月31日:参加宿泊申し込み,メインシンポジウムおよび若手地形学者シンポジウム講演申し込み締め切り
  • 2010年7月31日:講演要旨の送付,参加費宿泊費支払い締め切り
  • 2010年8月初旬:最終案内の送付

連絡先

  • (トルコ) Hakan Yigitbasioglu(アンカラ大学言語歴史地理学部地理学教室)
    • Tel: +90-312-3107271, Fax: +90-312-3093673
    • e-mail: yigitbasioglu@gmail.com
  • (トルコ) Ugur Dogan (アンカラ大学言語歴史地理学部地理学教室)
    • Tel: +90-312-3103280, Fax: +90-312-3305713
    • e-mail: ugdogan@yahoo.com
  • (日本)鹿島 薫(九州大学大学院理学研究院地球惑星科学部門)
    • Tel: 092-642-2696 Fax: 092-642-2684
    • e-mail: kashima@geo.kyushu-u.ac.jp

参加申し込み

資料のダウンロード